代理店型自動車保険のメリット

保険に関する窓口が一つにまとめられている

ダイレクト型自動車保険と違い、損害保険の専門家である代理店が介在する代理店型自動車保険ですが、多くのメリットがあります。まず、複数の保険を比較できる点です。最近は、複数の保険会社の委託を受けている乗合代理店が多くなっており、様々な会社の保険を比較することができます。さらに、保険代理店を通して契約をしても保険料は割高にならないので、自分に合った保険を選べるだけでなく、保険料を節約することも可能となります。また、保険に関する窓口を一つにまとめられることも、大きなメリットです。同じ代理店経由で加入していれば、どの保険の手続きや保険金請求も、一つの代理店に連絡するだけですむので、無駄な手間を省くことができます。

専門家が介在しているという安心感

代理店型自動車保険には、サービスの面で多くのメリットがありますが、最大のメリットは、専門家が介在しているという安心感です。インターネットで様々な情報を入手できるとはいえ、一般人にとって保険契約は、まだまだ複雑で分かりにくいものです。しかし専門家であれば、それぞれに合った保険の提案や見直しのアドバイスをしてくれますし、わずらわしい手続きの代行もしてもらえます。そして事故の状況にもよりますが、事故現場に駆けつけてくれたり、損保会社との交渉やアドバイスを直接受けることもできます。しかしダイレクト型では、重大な事故以外は担当者が来ることはありませんし、電話でのアドバイスが一般的です。ダイレクト型と比べて保険料は高くなりますが、こうした安心感が、自動車保険にとって重要であるといえます。