代理店型自動車保険のデメリット

保険料におけるデメリット

自動車保険には代理店型と通販型がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。そして、代理店型自動車保険の最大のデメリットは、保険料の高さです。車両保険の有無に関わらず、通販型のほぼ2倍が一般的となっていますが、この料金には代理店のサービス料や手数料も含まれています。また、付加保険料の割合という理由もあります。代理店型も通販型も、契約者が支払う保険料は、保険金の支払いに使われる純保険料と保険会社の運営費に使われる付加保険料とに分けられています。しかし代理店型は、付加保険料の割合が高く設定されています。これは、通販型と違って店舗が必要となり、家賃や人件費がかかるためです。この分が上乗せされるので、全体の保険料が高くなります。

その他の面でのデメリット

代理店型自動車保険のデメリットは、保険料の高さ以外にもあります。まず、契約に手間がかかる点です。保険料の見積りはインターネットでも可能ですが、契約は店舗で行う必要があります。また、優良な代理店を見つけるのが難しいということも、デメリットの一つです。契約者より利益を優先する代理店もあるので、注意しなければなりません。そして、代理店の担当者が保険に詳しくない場合もあります。これは、自動車ディーラーなどの副業代理店に多い傾向です。保険に関する知識が乏しいため、不利な契約を提示されることもあるので、担当者の能力を見極めることが重要です。メリットが多い代理店型自動車保険ですが、デメリットもしっかりと理解して契約することが大切であるといえます。