代理店型自動車保険の加入方法

まずは保険代理店にコンタクトを取る

代理店型自動車保険に加入するときには、保険代理店を選んでコンタクトを取ることから始めます。店頭に行って話をするのが最も一般的な方法ですが、会社によっては電話やメールでも最初の対応をしてもらうことが可能です。そして、相談をしながらどのような補償内容の保険にするかを決めます。その内容でどのくらいの保険料になるかの見積もりをもらい、高いと思えば補償内容を再検討するといったことを繰り返します。最終的に納得できる内容の見積もりになったら、申込書に記入をして提出することで保険に加入することが可能です。その上で保険料を支払うことで手続きは終わり、契約書に記載されている日時から保険が適用されることになります。

車を買うときにはそのまま契約できる

代理店型自動車保険の場合には車のディーラーが保険代理店を兼ねていることもあります。車を購入するときに任意保険を勧めてくる営業マンもいるでしょう。大手のディーラーはほとんどが保険代理店としての役割を果たしているので、車を購入する手続きを並行して加入も終えることができます。通常はそのディーラーがオススメのプランをいくつか提案してくれる仕組みになっています。その中から好みのものを選び、適宜補償内容を調節して見積もりを出してもらうという形で進められるのが一般的です。そして、申込書に記入して提出すると納車されたその時から保険が適用されるようになっています。保険料は車の代金と一緒にディーラーに払う形になるのが通例です。