ダイレクト(通販型)の自動車保険

ダイレクト(通販型)自動車保険は、保険会社の担当者と直接会って契約をするのではなく、通信販売で契約をするタイプの保険です。ここでは、ダイレクト自動車保険の加入方法やメリット・デメリットについてお伝えします。

ダイレクト(通販型)自動車保険のデメリット

事故対応やプランニングに難がある

通販型自動車保険にデメリットとしてまず、交通事故の対応がさほど期待できない点があげられます。 保険会社の売上高は、契約している者が払う保険料によってまかなわれます。保険会社の主だった費用は人件費と言え、通販型には社員にかかる費用を抑制することで掛け金を安く設定している測面があります。 交通事故の対処には、相手との交渉や修理工場の依頼などにそれなりの人手が求められます。従って、社員にかかる費用を抑制してマネジメントしている通販型の自動車保険会社においては、交通事故対処の質がいくらか劣ることも想定されます。 また、個別にプランを決定しなくてはならない面もデメリットです。 一般的な保険会社は、担当が訪問などで悩み事を聞いてくれたりするケースが多いといえます。一方、通販型はネット情報をもとに各自中身の検討を実行しなければならないことから、保険の専門的な知識を持っていない方にとって難しいかもしれません。

通販型と店舗型の選択のポイント

保険自体があまり分からない方は店舗型を 選択することも一つの選択肢です。保険に関し慣れていない方や、さまざまな悩み所を聞いて回答を見つけたい方は、店舗型が相応しいと言えます。万一の事があった場合の相談する相手方が確定していると安心感を得やすいかも知れません。一方で 一定以上知識がある方は通販型を選択することが賢明といえるでしょう。 保険のシステムや中身をそれなりに把握している方は、通販型でも問題ありません。通販型については対面に因る相談やサービスなどを望めない側面もありますが、補償の中身を通じている方であれば困った場合の対処も自分自身で完遂できる可能性が高いといえます。他にも、保険料を抑えたい人なども通販型を検討するとよいでしょう。

代理店型の自動車保険

代理店型自動車保険の加入方法

代理店型自動車保険に加入するときには、保険代理店を選んでコンタクトを取ることから始めます。店頭に行って話をするのが最も一般的な方法ですが、会社によっては電話やメールでも最初の対応をしてもらうことが…

代理店型自動車保険のメリット

ダイレクト型自動車保険と違い、損害保険の専門家である代理店が介在する代理店型自動車保険ですが、多くのメリットがあります。まず、複数の保険を比較できる点です。最近は、複数の保険会社の委託を受けている…

代理店型自動車保険のデメリット

自動車保険には代理店型と通販型がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。そして、代理店型自動車保険の最大のデメリットは、保険料の高さです。車両保険の有無に関わらず、通販型のほぼ2倍が一…

任意タイプの自動車保険

自動車保険の任意タイプ商品を契約する場合は、多くの商品で1年に1回更新が必要になるので、契約更新時期を忘れない事が大切です。